余命1年で多額の銀行預金があるならぱーっと使いたい

ある程度のまとまった金額の銀行預金があると、生活をする上では安心感があります。
もし仕事が無くなって、お金が必要になっても、預金をくずせばひとまずは暮らしていくことができるからです。
もし自分の寿命があと1年で、多額の銀行預金がある場合の、お金の使い道を考えてみました。
自分が死んでしまったら、親族がお金を引き出さないと、銀行預金は全て銀行のお金になってしまいます。
自分が死ぬと、自分の多額のお金が、銀行に持って行かれてしまうなんてひどい話のようですが、銀行を利用している以上はそうした決まりがあることは、知っておくべきと思います。
つまり余命1年でお金が多額にあったら、他人に使われるより、できるだけ自分で好き勝手にぱーっと使ってしまったほうが良いのかなと考えたりします。
自分の場合は嫁も子供もいないし、現時点ではそうした思いを強く持っています。
何に使うかといえば、やはり残された短い生活が豊かになるような使い道です。
勿論これは余命があと1年で、自分に家族が無いという前提で考えた場合です。
もし自分に家族ができたら、考え方は改まると思います。
すなち、自分が余命1年で家族がいるなら、家族にお金を引き渡すという選択をするでしょうから。総量規制対象外キャッシング

消費税を上げたら今後生活は豊かになるのか

s-2010022516021534567

消費税を上げたら、今後の生活が豊かになるというのなら喜んで支払いをしようと思います。しかしながら、現実は厳しくなるばかりです。消費税の負担は重く、生活は苦しくなる一方なのです。アベノミクスが導入され、一部の企業はそれなりに潤っていると聞きます。そうです、一部なんです。私達、市民にはまだまだその恩恵はきていません。今後も来るのか分かりません。そして、その上で消費税を増税するという考え、です。潤いが来ていないのに増税は本当に厳しいです。でもこれは今後もよく行われる政策の一つなのだと思います。なぜそう思うのかといいますと、それは少子化です。年々、人口は減少傾向でこれはこの先も歯止めがききそうにないといいます。簡単に言いますと人口ピラミッドです。これが崩れてきてしまっているのです。少子化になれば、支払える税も限られてきます。若い人が支えるには上が多過ぎるのです。他の国のように消費税などがやたらと高額でもきちんと保障がされていれば、安心して暮らしていけるかと思います。社会福祉の充実なしに、消費税を上げられても私達は納得しません。何のための「税」なのでしょうか。その辺りのことをきちんと考え、計画をしていってもらわないと困ると思うのです。モビット審査

東京オリンピックについて

s-2010092816445934567

私は東京オリンピック開催には反対派でした。もちろん、日本でオリンピックが開催されるなんて素晴らしいことだと思います。子供たちは夢を見ることができますし、世界的にも注目され、経済効果も見込まれることかと思います。しかし、日本はまだまだ他にやるべきことが山積みなのではないでしょうか。世辞や経済のことにそんなにまで詳しくない私でさえもそう思うのです。

まず何よりも、日本は3,11の東日本大震災での東北の復興にもっともっと力を注ぐべきです。もっと違うお金の使い方があると思います。原発問題も何も解決していないさなか、東京オリンピックの開催が決まった時は本当にびっくりしました。選考委員にも正直驚きました。東京オリンピックが決まったことによってバンザイをしながら各地で大喜びしている国民の映像をテレビで見ながら、日本はこんなに浮かれててもいい時期なのだろうか?と疑問に思いました。せめて東北の復興と原発問題が少しでも解決に向かっていれば本当にオリンピック開催は素晴らしいことですが、何故か私は心から喜べませんでした。東北の仮設住宅で暮らしている人たち、原発の危険区域に住めずに避難し続けている人たちはどう感じるだろうと思いました。世界に目を向けることよりもまずもっと近くをみて欲しいと思いました。キャッシング主婦

日本で多い増税反対の意見への違和感

私はいつもニュースなどを見ていて不思議な感じを受ける事があります。それは東京都心の新築マンションがすぐに売り切れていたり、最新の車の売れ行きが好調だというものです。それなのに日本人は「生活が苦しい」とか「増税はするな」というのはおかしいと思ってしまいます。

消費税については必ず全員がお世話になる社会保障に使われます。これがないと私たちは介護サービスも医療サービスも受けられず、路頭に迷ってしまいます。世界的に見ても低額な消費税について文句をつけているのは少子高齢化という現状を理解していない人が多いと感じてしまうのです。

世界を見てみると水道、ガス、電気など生活に必要な設備が整っているだけでも幸せな事だと思います。世界には満足に水を飲む事さえ出来ない人はたくさんいるのです。確かに増税で自由に使えるお金が減るのは嫌ですが、今の日本の現状では消費税増税は仕方ないと思います。

私はあまり物欲がないのでお金は溜まる一方です。高級なものには目を向けず、安くて良いものを常に探し求めています。しかしお金を使わないと社会が回っていかないのも事実ですので社会保障に必要なお金に積極的に投資していきたいと思います。いずれ投資したお金は自分が受けるサービスとして戻ってくるのです。主婦キャッシング

ハングリー精神でお金を稼ぐ!

昔、貧乏人だと言われていじめられていたわたしの同級生が、いつの間にか地元で1番のお金持ちになっていたときにはビックリしました。こういうことをハングリー精神のチカラというのでしょうか。昔貧乏で悔しい思いをしてきた人の方が、大人になってからお金持ちになっているような気がします。

わたしの同級生は自分で事業を立ち上げて、従業員をたくさん抱えて頑張っています。人に使われるよりも人を使うことの方が合っている性格らしく生き生きとして仕事をしていますが、こういうことはよくあるようです。

一方でお金持ちのボンボンだと言われて学生時代にみんなに憧れられていたような人は、その環境に甘えてしまって頑張ろうとしないようです。そう考えてみるとわたしの同級生でもお金持ちの子供がいて、大人になってからどうしているのかと思って友人から聞いたところ、働きもしないで遊んでいるとか、家の仕事の手伝いをぼちぼち始めているとか、あまりいい噂を聞かないのです。

わたしの身近でもこのようなことがあるので、お金というのはどういう風にころがっていくのか分からないものだと感じています。ハングリー精神で頑張って仕事をしている人が巻き返すのは当然のような気がするのです。総量規制対象外カードローン

買い物をした後はレシートをしっかり確認

私は普段買い物をしてもじっくりとレシートを眺めることなどめったにないのですが、以前たまたまスーパーで買い物をしてレジで会計をしていた時に、割引になっていた商品が割り引かれていないことがありました。この時はたまたまそれに気がついたのですが、レジでずっと商品と金額とを確かめているわけではないため、他の日だったら気がつかなかったかもしれません。

そうして幸い気がついたためレジの店員さんにそれを伝え、あらためて割引をしてもらったのですが、これ以来レジで会計をする時には一応商品と金額とを確かめるようになりました。

またレシートもそれまではじっくり見ることもなくその場で捨てることが多かったのですが、とりあえず自宅に帰るまでは取っておいて、家で買った商品とレシートを簡単に照らし合わせるようになりました。

すると何度かレシートの打ち間違いがありました。例えば一つしか買っていない商品を二つ買っていることになっていたり、割引がされていなかったりといったことです。

そして気がついた時には電話をしてあらためて確認をしたりとしていますが、もしかすると気がつかないまま損をしていることもあるかもしれません。

レジの店員さんも人間なのでたまには間違えることもあるだろうと思うので、お金に関することは自分でしっかりと確認していきたいものです。

カードローンの審査になかなか通らない。審査の甘いカードローンを申し込んでいるのに落ちてしまう。そんな時にはモビットの審査落ちというサイトをチェックしてみて下さい。きっとあなたにとって重要なヒントが書かれてありますから。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !