余命1年で多額の銀行預金があるならぱーっと使いたい

ある程度のまとまった金額の銀行預金があると、生活をする上では安心感があります。
もし仕事が無くなって、お金が必要になっても、預金をくずせばひとまずは暮らしていくことができるからです。
もし自分の寿命があと1年で、多額の銀行預金がある場合の、お金の使い道を考えてみました。
自分が死んでしまったら、親族がお金を引き出さないと、銀行預金は全て銀行のお金になってしまいます。
自分が死ぬと、自分の多額のお金が、銀行に持って行かれてしまうなんてひどい話のようですが、銀行を利用している以上はそうした決まりがあることは、知っておくべきと思います。
つまり余命1年でお金が多額にあったら、他人に使われるより、できるだけ自分で好き勝手にぱーっと使ってしまったほうが良いのかなと考えたりします。
自分の場合は嫁も子供もいないし、現時点ではそうした思いを強く持っています。
何に使うかといえば、やはり残された短い生活が豊かになるような使い道です。
勿論これは余命があと1年で、自分に家族が無いという前提で考えた場合です。
もし自分に家族ができたら、考え方は改まると思います。
すなち、自分が余命1年で家族がいるなら、家族にお金を引き渡すという選択をするでしょうから。総量規制対象外キャッシング

“余命1年で多額の銀行預金があるならぱーっと使いたい” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です