消費税を上げたら今後生活は豊かになるのか

消費税を上げたら、今後の生活が豊かになるというのなら喜んで支払いをしようと思います。しかしながら、現実は厳しくなるばかりです。消費税の負担は重く、生活は苦しくなる一方なのです。アベノミクスが導入され、一部の企業はそれなりに潤っていると聞きます。そうです、一部なんです。私達、市民にはまだまだその恩恵はきていません。今後も来るのか分かりません。そして、その上で消費税を増税するという考え、です。潤いが来ていないのに増税は本当に厳しいです。でもこれは今後もよく行われる政策の一つなのだと思います。なぜそう思うのかといいますと、それは少子化です。年々、人口は減少傾向でこれはこの先も歯止めがききそうにないといいます。簡単に言いますと人口ピラミッドです。これが崩れてきてしまっているのです。少子化になれば、支払える税も限られてきます。若い人が支えるには上が多過ぎるのです。他の国のように消費税などがやたらと高額でもきちんと保障がされていれば、安心して暮らしていけるかと思います。社会福祉の充実なしに、消費税を上げられても私達は納得しません。何のための「税」なのでしょうか。その辺りのことをきちんと考え、計画をしていってもらわないと困ると思うのです。モビット審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です