安保法制の中で徴兵制の復活の疑念

安保法制が国会で通過している中で、一部の学者や政治家などから徴兵制の復活の示唆があります。原則的に徴兵制は、国内では現在の憲法の中では定められていなくて、強制的に現地に行って戦争に参加する事は許されていないです。

政府は基本的に徴兵制は憲法違反である事を定義付けていて、有事の時に自衛隊を派遣して、民間人を現地に行かせない事を唱えています。しかし、徴兵制は憲法を変えれば復活させる事が可能になります。

一方で、有事の時でもボランティアの意味で徴兵制が合憲である事を唱えている人もいます。世間では7割が違憲でありながらも、団体生活として社会に役立つために海外のボランティアに参加することに賛成である事を言っている人もいます。

安保法制の設定によって、憲法の解釈では集団的自衛権ができるようになります。集団的自衛権の可能によって、徴兵制も制定できると考えている政治家などが多くなっています。

原則的に徴兵制は憲法を変えない限り復活は無いので、当分の間は制定の見込みは無いです。

憲法の改正には、国民の半数以上の賛成が必要です。徴兵制を盛り込むために憲法を変える審議を行ったとしても、国民の反対の多数によってなかなか制定までたどり着くのは困難です。カードローン審査

“安保法制の中で徴兵制の復活の疑念” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です