毎月の金欠状態にはクレジットカードをカードローンを併用して凌ぐ

正直、金欠となるのは毎月のこと。毎月の収入だけでは、電気・ガス・水道などの公共料金や、クレジットカードの支払いなど生活に関わる費用を全て賄うことが出来ない状態です。「生活が成り立っていない」状況であるのは、間違いのない事実です。

但し幸いなことに、ボーナスを含めた年収ベースで考えると、何とかギリギリ繋がるのかな…ということもあり、ボーナスを頼りにした生活となっている感じなのです。

「だったらボーナスを切り崩して生活すれば?」と思われるのも当然ですが、「卵が先か鶏が先か」的な話で、大きな買い物で一時期ボーナスを使い切ってしまったことがあってからは、状況がガラリと変わってしまったのです。

現在の毎月の金欠状態いついては、クレジットカードのボーナス払いとカードローンでのキャッシング利用とを併用する形で凌いでいます。

少し高額の買い物をする場合には、決済方法をクレジットカードのボーナス払いとすることで、なるべく支払いを先延ばしにすることを選んでいます。ボーナス払いは利息が掛からずに、支払いをボーナス月まで先延ばしすることが出来るのです。また、毎月の生活費が足りない分については、契約済みのカードローンでキャッシングを利用しているのですが、キャッシングについてもボーナス月に出来る限り一括返済し、一度リセットを掛けることを心掛けています。借入残高をそのままにし、ボーナスを現金で持っておくことで一見生活が楽になった感覚にはなりますが、「あればあるだけ使ってしまう」のも人間です。再度生活が苦しくなるのを承知で、一度借入残高をゼロにする、もしくは極力少なくすることが大切だと考えているのです。銀行カードローン審査

“毎月の金欠状態にはクレジットカードをカードローンを併用して凌ぐ” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です