いざという時の為のお金

私は妻も子供もいる30代の男性です。妻は専業主婦なので、私の収入だけで家族を養っています。普通に生活しているだけなのに、税金や様々な支払いで毎月金欠になってしまいます。そんな私達夫婦が行っている、金欠に備える工夫について説明したいと思います。

それは、「小銭貯金」です。簡単な方法過ぎてがっかりした方もいるかもしれませんが、この方法は意外とバカにできません。

私達の小銭貯金は、「◯◯万円貯金」の様なずっと溜め込む貯金では無く、給料日前の様などうしてもお金が無い時の為に貯めておく貯金です。

どの様にしているかと言うと、普段生活していて出た小銭のお釣りを、貯金箱に入れておきます。そうする事で、小銭についての意識は薄れ、そもそも無いものとして考えているので無駄な買い物が無くなります。

その後、給料日前の本当にお金が無くなった時に、昼飯代や、友人との交際代でこの貯金箱から出します。貯金箱からお金を出す時の用事は、大事な用事やキャンセル出来ない用事なので、無駄な出費では無く、本当に大事な時にだけ使う様に溜め込む事ができます。

実際この方法を行ってから私達は無駄遣いが減りました。共働きでは無く、お金の無い夫婦に試してほしい方法です。自己破産

“いざという時の為のお金” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です