新国立競技場問題の根はどこに?

国立競技場が取り壊され、新国立競技場の建設が決まった。これはもちろん2020年開催の東京オリンピックを見据えてのことである。

しかしお粗末なのは決定後の一連の流れである。ザハ氏のアイデアが採用されたが、値段が高すぎるとの理由で結局は不採用になり、新たにコンペが開催されることになった。

私が疑問に思ったことは、なぜ先に予算を概算して、拠出し得る額とのギャップを確認しなかったのかということである。これは私のみならず、このニュースを耳にした方ならば誰もが感じたことではないだろうか。

そして昨今の政治不信を感じたこととしては、その責任の所在を巡ってのなすりつけあいである。もちろんコンペを取り仕切った安藤氏の会見に、納得できないところがあったのも事実である。ただ文部科学省側とオリンピック委員会側とのやりとりはいただけないものであった。特に森氏は委員会側のトップとして、マスコミに登場することも多くあったが、まるで他人事であるかのような発言をしていることが目についた。仮にも政治家という存在でありながら、委員会のトップも務めており、そのような中での適切な対応であったとは到底思えなかった。まさに私としては昨今の政治不信の根本の部分を見たような気になったのだが、いかがであろうか。お金を借りる

“新国立競技場問題の根はどこに?” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です