安いからといって購入しないことが節約に繋がります

巷では様々な節約方法があふれています。たとえば電気の節約。使用していない家電のコンセントを抜いて待機電力を抑えたり、省エネ家電を勧めたりなどがあります。しかし、いちいちコンセントを抜き差ししたり、せっかく自宅にある家電をわざわざ省エネ家電に買い替えたりすることは面倒であり、ほとんどの人はなるほどとは思っても実践できずにいます。なので一番簡単な節約方法から試していきましょう。買い物をするときに一度、これは本当に必要なものなのかと考えてから購入するという簡単なものです。たとえば、セールで半額になった洋服があるとします。自宅に着れる服はたくさんあるのに、ついついその安さに吊られて購入してしまっていませんか。半額で購入できたことに満足して、実際家に持って帰ってタンスにしまった後一度も着なかったなんてことありませんか。そうなのです、必要でないものを購入してしまい、無駄にお金を消費してしまったのです。他にもスーパーの特売で必要でない野菜を購入してしまい、冷蔵庫の中で腐らせてしまったり、100円ショップで不要な便利アイテムを購入していませんか。実際にそれを使用しましたか。安くで手に入ったことに満足することはいいのですが、もしそれを購入しないで貯金をしていたらと考えてみてください。100円のものでも10個無駄な物を買えば1000円です。半額の洋服も2000円の物が10着あれば2万円です。それが1年、10年と続いて行ったらどうなりますか。もし貯金していれば家族で旅行に行けたかもしれません。どうしても欲しかった家電も買えたかもしれません。セールや特売など安いものに目が行くのはわかります。ですが一度立ち止まって、よく考えてから購入しましょう。消費者金融 審査 在籍確認

“安いからといって購入しないことが節約に繋がります” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です