政府の成長戦略が経済成長の鍵を握る

アベノミクスの第3の矢となる成長戦略に関するニュースを見て、せっかく世界の景況が良くなってきたのに日本では経済の成長戦略を未だに活かせていない事が現状です。日本の経済に関する成長戦略に関して、主婦や若者などが理解しにくい説明の内容になっていて、どの分野に成長を促していくのかなどのの具体的なビジョンが示されていない状態です。
政府は技術を進化させるためのイノベーションなどの政策を立てたり、戦略のための特区を定めるなどで、様々な分野において具体的な戦略を立てながら経済成長による政策を打ち立てています。
サラリーマンや社長が新規の事業に参入するための環境を設備したり、人材育成や創出に力を入れて、誰でも活躍できる場を提供する事に力を入れています。つまり、女性やスキルのない人でも努力する事で、どの分野でも活躍できる場に出る環境作りに励んでいます。銀行カードローンの審査に通るには?3つの審査基準!
近年は若者などが就労しにくい農業の分野に対して、てこ入れを行って、若者や女性が就農しやすい状況になっている傾向です。最近は太陽光などの新しいエネルギーが経済成長の種になっていますが、どのような分野でもやる気がある人に対して、新しい分野に挑戦できる仕事の環境を作って、活躍してもらう事で更なる成長が期待できます。

“政府の成長戦略が経済成長の鍵を握る” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です